私が試したピルと体への影響

私が試したピルと体への影響

私は夫がいて1児の母親でもあります。そんな私は以前生理不順で悩んでいた時に低用量ピルを使用した経験があります。また、避妊をするためにアフターピルを服用したこともあります。そこで私が両方のピルを使ってみて感じたメリットとデメリットを紹介します。

◇低用量ピルは確かに避妊確率が高いしかし問題も・・・◇

低用量ピルはアフターピルや他の避妊法に引けを取らないほど避妊力があります。他にも生理の悩みを解決してくれるお薬としても使われている低用量ピルです。低用量ピルは女性ホルモンからつくられていて体への悪影響もありません。

なぜ避妊をしてくれるのかというと、女性ホルモンである黄体ホルモンが卵巣の働きを制御してくれる為です。

卵巣を休ませる効果が黄体ホルモンにはあるのです。しかし、低用量ピルの服用をやめてしまうと妊娠してしまう可能性があります。服用をやめると卵巣は働きを開始しはじめます。休んだ後の卵巣は元気に働きはじめます。

休みを終えた卵巣は質のいい卵子を排出するのです。なので余計に妊娠し易くなってしまうというわけです。そして私も低用量ピルの服用をやめた後すぐに妊娠をしました。
このことからも分かる様に低用量ピルは不妊治療薬にも使われているのです。

◇即効性が求められるアフターピル◇

アフターピルは緊急時の避妊に使われますが、常習的に使うのは禁物です。低用量ピルと使われる成分は同じですが問題は成分量です。成分量は低用量ピルの8倍だとも言われているようです。

その為、効き目も即効性がありますが、同時にホルモンバランスを崩してしまって体への影響も強く出てしまいます。

副作用は体への負担が掛かっている証拠!私も服用後生理周期がだいぶ乱れました。4ヶ月くらいは生理が重くなったりもありました。また常習的に使っていると避妊の確立も低下してしまうそうです。

◇妊娠への影響◇

ピルを飲んでいるのにも関わらず妊娠をしてしまっても胎児への影響はないようです。低用量ピルもアフターピルも女性ホルモンからできているので胎児への影響もないと言います。しかし、妊娠中のピル服用は胎児へ何らかの影響が見られる恐れがる為服用が禁止されてるようです。